トップページ > 黒酢の効能・効果Q&A >  尿酸値

黒酢と尿酸値の関係

黒酢にはクエン酸が多く含まれています。そのため、尿酸値の低下にも効果があるといわれています。クエン酸量は黒酢の種類によって異なります。黒酢とクエン酸に関するよくあるご質問・疑問などをお話します。

黒酢

クエン酸の効果・尿酸値・骨粗しょう症

黒酢に含まれているクエン酸の、3つの効果を紹介します。
(1)運動時の疲労感を減少する効果があります。
体内に蓄積された「乳酸」をエネルギーにする働きがあります。

(2)尿酸値を下げる効果があります。
尿酸値が高い人は、通風や尿路結石等のリスクが高くなります。
また、尿酸値が高い人は、動脈硬化のリスクも高いと言われています。

動脈硬化は、脳卒中や心臓病等の原因ですね。
クエン酸を摂ることで、尿酸値を下げることができれば、通風や尿路結石、そして動脈硬化を予防することができます。

(3)カルシウムや鉄、そして亜鉛等のミネラルの吸収率を向上させます。
骨粗しょう症にはカルシウムが大切です。
カルシウムを効果的に体へ吸収させるには、クエン酸の働きが大きいようです。
骨密度アップには、運動とカルシウム食品とクエン酸がポイントです。

クエン酸は、疲労回復や尿酸値低下、そしてカルシウムや鉄や亜鉛等の吸収にも効果があります。

クエン酸の効果・尿酸値・骨粗しょう症のポイント

クエン酸は、運動時の疲労回復効果や、尿酸値を下げる働きがあります。また、カルシウムや鉄や亜鉛等の吸収率を向上させる働きもあります。柑橘類のレモンや梅干し等の食品に含まれています。動脈硬化の予防やスポーツによいですね。


dummy dummy dummy dummy
最近の人気の黒酢
黒酢サプリメント【くろす美人丸】


キャッシュ使用

  • Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター