トップページ > 黒酢一覧 >  黒豆酢

黒豆酢

黒豆酢の効能は?
黒豆酢と黒酢の違いは?

黒豆酢について、効能・効果やその理由などをお話します。

黒豆酢の効能と黒酢

黒豆酢の効能・効果が注目されています。
一般の食酢(米酢等)と黒豆(黒大豆)を組み合わせれば、食酢と黒豆の栄養素が合体します。
手作りの黒豆酢で、効能・効果を試してみませんか。
米酢等の食酢の代わりに、黒酢を使う人も増えているようです。
黒酢を使用した黒豆酢の効能と効果は、豊富なアミノ酸やビタミンB群、そしてミネラルによって倍増します。

人に必要アミノ酸は20種類あります。
必須アミノ酸9種類と非必須アミノ酸11種類です。
必須アミノ酸には、身体の組織を修復する大切な働きや、ウィルスの働きを抑制する働きがあります。

黒酢を使った黒豆酢の効能・効果には、ビタミンB群の働きもあります。
ビタミンB2は、皮膚や粘膜をつくるビタミンです。
また、エネルギー代謝のビタミンとも呼ばれます。
成長を助けて、脳疾患や心疾患の予防をする大切なビタミンです。
B6は、アミノ酸代謝に必要なビタミンです。
黒酢を使った黒豆酢の効能・効果をより効果的にする大切なビタミンになります。
黒酢に含まれるビタミンB12は、集中力や記憶力を高める働きや、発ガンリスクを軽減する働きがあります。
黒酢と黒大豆を使った、黒豆酢の効能・効果は期待できそうです。

黒豆酢の効能と黒酢のポイント

黒豆酢の効能・効果に注目が集まっています。一般の食酢(米酢等)の代わりに、黒酢を使いませんか。黒大豆は、昔は病気の治療に使われていました。アミノ酸(必須・非必須含む)とビタミンB群、そしてミネラルが豊富な健康飲料を飲みませんか。

黒豆酢の効能と黒大豆

黒豆酢の効能と効果を高めるには、普通の食酢(米酢等)に代えて黒酢を使うことですね。
この黒酢に黒豆の栄養素が加わって、美容と健康に優れて健康飲料になります。

黒豆は大豆の仲間です、正式名称は黒大豆といいます。
黒大豆は古くから病気の治療に用いられていました。
古代中国の医学書の「神農本草経」にも、黒大豆が病気の治療に用いられていた記述があります。

黒酢の豊富な栄養素と、黒大豆で作った黒豆酢は、優れた効能・効果を発揮します。
黒豆酢の効能と効果を実感できるまでには、長く使い続けることが大切です。
薬ではないので、健康面や美容面での効果がスグに表れることはありません。
食事のように、毎日摂り続けることで黒豆酢の効能・効果を実感できるようになります。

【安い・飲みやすい・アミノ酸が多い】黒酢サプリ総合ランキング

商品名 1日の費用 サプリメントの特徴
酵素黒酢革命
酵素黒酢革命
46円 ・酵素も手軽に摂れる
・75種類の植物原料+鹿児島県産の黒酢を使用
・リコピン、コラーゲンも配合
おすすめのpoint
天然醸造の鹿児島県産黒酢と酵素も手軽に摂取可能 酵素黒酢革命
熟成黒酢にんにく
黒酢にんにく
32円
・鹿児島県福山町産の有機発芽玄米黒酢
・有機にんにくを使用
・3か月間じっくり熟成
おすすめのpoint
黒酢と黒酢もろみの豊富なアミノ酸+にんにくが同時に補える 熟成黒酢にんにく
くろす美人丸
黒酢サプリメント【くろす美人丸】
43円 女性向けの黒酢サプリメント
手足の冷えが気になる方向け。 ビタミンEやアスタキサンチンなども配合
おすすめのpoint
鹿児島県福山町でつくられた玄米黒酢にショウガ、トウガラシ、アセロラなど植物由来の女性にうれしい成分をバランス良く配合 くろす美人丸


キャッシュ使用

  • Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター